工務店選びの豆知識

天窓のメリット・デメリット

ハウスメーカー選びの豆知識
天窓

 

こんにちは^^おうちの相談窓口です!

突然ですが「天窓」にどんなイメージをお持ちですか?

 

空が見えて気持ちよさそう!

部屋が明るくなりそう!

夜には星空が見えたりして?

と良いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

でも、実際につけるとなると雨漏りや夏の強い日差しなど気になることも出てきますね・・・

そんな天窓のメリットとデメリットを本日はご紹介したいと思います♪

 

まず、天窓とは?

天窓とはトップライトやスカイライト、ルーフ窓とも呼ばれる、天井につけられる窓のことです。

 

その種類は大きく分けて、2種類。

開閉式と固定式があります。

開閉式はその名の通り、開閉できる窓のことです。

手動タイプと電動タイプがあり、電動タイプでは雨を感知したら自動的に閉まるというものもあります!(賢いですよね~)

開閉することで採光+風通しを良くする役割をしてくれます。

 

固定式はフィックス窓とも呼ばれる、開かない窓のこと。

採光のために使われます。

羽目殺しのため、余計な金具がなく見た目がスッキリするというメリットもあります。

 

 

では、そんな天窓のメリットを見ていきましょう!

1 なんといっても採光

天窓の採光は壁面の窓に比べて3倍の採光効果があると規定されています。

また、家が密集している地域でも、両隣の家に邪魔されることなく光を取り入れられるのは嬉しいですよね。

 

2 風通しがよくなる

空気は下から上に流れると言われているため、風通しは壁面の窓だけの場合より4倍も良くなると言われています。

換気効果はもちろんですが、夏の暑い空気を逃がすのにも活躍してくれます。

 

3 プライバシーが守られる

住宅密集地や道路に面した土地だと、せっかく窓があっても視線が気になってカーテンを開けられない、などという問題もよく起こります。その点、天窓であれば視線を気にする必要がないので安心です。

 

 

光も風も取り込めるけど、視線は気にならない。メリットはかなり大きいですね。

では次にデメリット、心配な部分を見ていきましょう。

 

1 雨漏りが心配

屋根に穴をあけて、窓を設置するわけですから、多くの方が雨漏りを心配されます。

確かに、天窓がない場合と比べると雨漏りの危険性は高くなりますが、雨漏りの原因の多くはパッキンの劣化と施工不良です。

定期的なメンテナンスと最初に施工する工務店に実力のある工務店を選ぶことで、水漏れのリスクは軽減できます。

 

2 掃除できるか心配。

自分たちで掃除ができるのか、これを心配される方も多くいらっしゃいます。確かに、壁付けの窓と同じように掃除をするのは不可能ですね。内側からであれば高所用のモップを利用することで掃除ができます。

また、窓ガラスに汚れが付きにくいコーティングをしている窓もあるのでぜひご検討ください。

 

3 夏の日差しがまぶしすぎないか心配

天窓から日が入りすぎて、暑くないか心配というお声もよく聞かれます。

窓をつける位置を考慮すること、カーテンやブラインドがついたタイプを選ぶことで解決できます。もちろんブラインドの開閉も自動で行えます★

 

このように、デメリットもありますが、対策できるものが多いです!

光と風をいっぱい取り込める天窓。ぜひ、新居にご検討ください♪

 

おうちの相談窓口では、皆様の理想の住まいの実現を応援しています!

お気軽になんでもご相談ください。

 

★ご来店予約・お問い合わせはコチラから★

 

(担当:為広)

関連記事