工務店選びの豆知識

壁面収納の実は

ハウスメーカー選びの豆知識
壁面収納

登録住宅会社100社以上!中立公正な立場であなたの家づくりをサポートするハウスメーカー選び.com byおうちの相談窓口です!

 

TVやSNSで、おしゃれな家のインテリアを見ていると、決まって目にするのが「壁面収納」ではないでしょうか。

収納+インテリアを実現する事が出来て、憧れる一方で、収納できるものが少なくなる心配や、掃除の心配をされる方も多いのではないでしょうか?

注文住宅を建てる際に、壁面収納を作るコツなどはあるのでしょうか?

本日は、今憧れる壁面収納についてお話します!

 

実はピッタリと収まる

部屋のデザイン性を保ったまま、多くのものを収納できるということをはじめ、さまざまな面でメリットの多い壁面収納。

壁面収納は、部屋のデザインや収納したいものに合わせて、「ミリ単位」での設計が可能です。あらかじめ収納するものを想定しておく必要はありますが、収納したいものをぴったり収納することができるので、まさに「この部屋のための収納」がつくれます。

特にリビングでは、テレビやオーディオをあらかじめ壁面収納に組み込むことで、ごちゃつきがちなケーブル類をすっきりと収納できるので、生活感を隠したモデルハウスのようなリビングがつくり出せます。

 

 

実は空間を有効活用できる

収納が少ないと、収納しきれないものが多くなり、家の中が乱雑に見えてしまうことも。

壁面収納なら、デッドスペースになりがちな天井に近い壁面も収納として使えるので、限られた空間を有効に使えます。

壁面収納を備え付けることによって、決まった場所に決まったものを収納できますし、ものが散らかっていないきれいな部屋をキープできます。

また、壁面収納を備えると棚やタンスなどの家具を置く必要がありませんので、部屋の中が広く見えるというメリットもあります。

 

実は収納をインテリアとして使える

扉がないタイプの壁面収納の場合は、何を収納するか、どのように収納するかを工夫することによって「見せる収納」として使用できます。

趣味で集めたコレクションなどを飾る棚として使用するのもおすすめです。

部屋の雰囲気などに合わせて並べておくことで、おしゃれな収納かつインテリアになります。

季節ごとに収納するものを変化させれば、季節感を感じられる素敵なインテリアをつくり出せます。

 

実は地震にも強い

家を建てる時には、地震への対策もしっかりと考えておく必要がありますが、壁面収納は壁に固定されているため、地震に強いというメリットがあります。

地震が起きても収納自体はあまり揺れないため、タンスのように倒れてくる心配がありません。

収納に扉をつけることで中身が飛び出して壊れたり、怪我をしてしまったりといったリスクを回避することもできます。そのため、タンスなどの家具を置くよりも安心、という理由で寝室に壁面収納を選ぶ人もいるようです。

 

実は掃除が楽になる

壁面収納を設置した場合、家具をおいたときのような凸凹がありません。

そのため、掃除をするのが非常に楽だといえるでしょう。

床から天井までぴったりと設置されているため、タンスのように上の部分にホコリが溜まってしまうこともありません。日々の掃除が楽という点も、おしゃれで美しい部屋をキープするためには大切なポイントです。

 

とてもメリットの多い壁面収納。

ぜひ新居に取り入れてみてくださいね!

 

ハウスメーカー選び.comはあなたの家づくりを応援しています!

■理想を叶えてくれるハウスメーカーはどこ?

■予算内で建ててくれるハウスメーカーはどこ?

■○○ハウスメーカー、この見積もりってどうなの?

などなど、ハウスメーカー選び、家づくりに関するお悩みならなんでもお気軽にご相談ください。

ハウスメーカー選び.comは各住宅会社からのサポートで運営されていますので、ご相談者様から費用をいただくことはありません。

皆様のお問い合わせ、お待ちしております!

>>お問い合わせフォーム

関連記事