工務店選びの豆知識

同じ広さの土地でも建てられる家の大きさに違いがあるってご存知ですか?

用語解説
おうちの相談窓口

登録会社100社以上!中立公正な立場であなたの家づくりをサポートするハウスメーカー選び.com byおうちの相談窓口です!

 

家づくりの相談から資金計画、住宅ローンのご相談、建築会社のご紹介まで、全て無料でお手伝いさせていただいておりますので
どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

 

さて、本日のお話は、「同じ広さの土地でも建てられる家の大きさに違いがある」ということ。

ご存知ですか?

 

なぜ、そんなことが起きるのか?

それには、「建ぺい率」と「容積率」という2つの決まりが関係あります。

 

建ぺい率と容積率は、土地購入・注文住宅を考えるのであれば、ぜひ知っておきたい規定の一つです。

建築可能な建物の大きさは敷地面積と建ぺい率、容積率によって左右され、土地価格にも影響します。

 

①建ぺい率とは?

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合です。

建築面積のことを「建坪(たてつぼ)」ともいいますが、建物を真上から見たときの水平投影面積で表されます。

2階建てで一般的な形状の一戸建て住宅であれば、1階と2階のうちどちらか大きなほうの面積と考えても良いでしょう。

この建築面積が、敷地に対してどの程度の割合を占めるのかを示すのが建ぺい率ということになります。

例えば建ぺい率が60%と指定された地域にある100平方メートルの敷地には、建築面積が60平方メートルまでの建物が建築できます。

 

 

②容積率とは?

容積率とは、敷地面積に対する延床面積の割合です。

例えば容積率100%と指定された100平方メートルの敷地には、1階60平方メートル、2階40平方メートル、合計100平方メートルの建物が建築可能となります。

 

 

建ぺい率、容積率とも、その限度は都市計画によって定められていますが、いくつかの緩和規定が設けられ、建物の形状や立地条件などによって変わります。

建ぺい率では、幅が1メートル以内の軒、庇、バルコニーなどが算入されないこと、容積率では延床面積の3分の1までの地階、延床面積の5分の1までの車庫を不算入とすることができます。このように、建ぺい率、容積率とも、複雑な計算が必要となります。

 

 

購入したい土地が見つかったら、契約前に必ず、建築予定の住宅会社さんに自分の建てたい家が叶うのか、どんな大きさの家が建つのかを確認しましょう。

この点でも、土地購入は住宅会社さんと一緒に進めるのか失敗しないコツだと言えます。

不動産屋さんは、土地を売るまでがお仕事なので、その土地にどんな家が建つのか、という視点では土地を見ていない場合が多いです。これは不動産屋さんが悪いわけではなく、職種によるゴールの違いですね。

 

本日のまとめ

◆建ぺい率と容積率という決まりがある

◆その決まりによって建てられる家の大きさが決まる

◆土地購入はどんな家が建つのかを確認してから

 

後悔のない家づくりを叶えましょうね!!

ハウスメーカー選び.comでは注文住宅をお考えの皆様の、資金計画・土地探し・住宅会社選びをサポートしています。

すべてのサポートが無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

>>お問い合わせ

 

関連記事