工務店選びの豆知識

家づくりの基本!4種類の戸建て住宅

用語解説
戸建て

こんにちは!おうちの相談窓口です^^

 

「そろそろ家がほしいなあ~」とお考えのみなさま!

突然ですが、戸建て住宅の種類、なにがあるかわかりますか??

 

 

「建売と注文?」

 

 

それだけではないんです!もっと細かく、4種類に分けることができるんです!

この種類をしっかりと理解していないと、契約したものの、思っていた家にならない。。なんてことになりかねません。

基本を学んで、納得して家づくりをすすめましょうね★

 

戸建住宅4種類、順にご紹介しますね。それぞれの特徵、メリット・デメリットをみていきましょう。

 

その①「建売住宅」

建売とはその名の通り、家を建ててから売るスタイル。建売住宅のチラシがポストに入ったりもしますし、一番身近な買い方かもしれませんね。

 

メリット

・完成した家を見てから購入を決められるので、外観や内装など思っていたのと違う!という失敗がない。

・土地と建物をセットで購入することになる。

・他の買い方に比べて、購入までの時間や手間が少ない。

・価格が安い。

 

デメリット

・万人受けするようなありきたりな家が多い。

・価格が安いということは、それなりの性能や設備になる。土地と建物とがセットになった価格で販売されるので、実際のところいくら建物にお金がかけられているのかわかりません。。(住んだ後、メンテナンスに想像以上の額がかかることも。)

・完成している家に自分達が生活を合わせないといけない。

 

その②「規格型住宅」

あらかじめ決められた数種類の間取りをパンフレットなどから選んで建てるスタイル。間取りや窓の位置などは決まっていて、壁紙や床・キッチンやお風呂などの設備という内装に関する部分を決められた中から選べるという会社が多いです。

メリット

・決まった中から選ぶので、購入までの時間、手間が少ない。

・間取りが決まっているので担当者、設計者による仕上がりの差が 少ない。

・比較的安価

・最近おしゃれなものも増えている。

 

デメリット

・土地ごとに間取りを考えるわけではない為、窓の位置などが最良の位置とは限らない。

・規格外の変更が割高。

・複雑な土地、狭小地とは相性が悪い。

 

その③「セミオーダー型住宅」

家の間取りは設計士や営業マンが作成するスタイル。構造や仕様など建物の基本部分は決まっていて、建具や設備は一定の範囲から選べるという会社が多いです。

メリット

・間取りは自由に考えられるけどその他の仕様が決まっているから、フルオーダーに比べると安い。

・アフターサービスに力を入れている会社が多い。

デメリット

・間取りの打ち合わせなどに時間と手間がかかる。

・フルオーダー住宅(注文住宅)だと思っていると、制限があるので「あれ?」となることがあるので注意が必要です。

 

その④注文住宅(フルオーダー住宅)

間取りも仕様もすべて自由に選べる販売方法です。

基本的にすべて自由ですが、会社ごとに基本的な仕様が決まっていて、こだわりたい部分の仕様を変更していくのが一般的な注文住宅の流れです。

メリット

・思う存分こだわることができる。

 

デメリット

・自由な分、購入までに時間と手間、そしてお金がかかる。

 

 

4つの販売方法、おわかりいただけたでしょうか。

自分たちにはいったいどの販売方法があっているのか、、、

・「家」へのこだわりはどのくらい?

・「立地」と「家」 どっちを優先する?

・家づくりにかけられる時間とお金はどのくらい?

この3つのポイントで考えると答えが出るのではないでしょうか?

おうちの相談窓口でももちろんご相談いただけます!

ファイナンシャルプランナーによる資金計画も無料で作成しております。

 

 

お問合せ・ご来店予約はコチラから

 

お待ちしております♩

(担当:為広)

関連記事