工務店選びの豆知識

土地購入をお考えの方必見!「?」な専門用語を解説③

用語解説
セットバック

こんにちは^^おうちの相談窓口@伊丹店です。

土地購入をお考えの方にはぜひ知っておいていただきたい

「セットバック」

について今日は解説します!!

 

セットバックを理解するためにはまず、「道路」について知る必要があります。

私たちはどんな幅の道路でもひとくくりに「道路」と呼んでいますが、建築基準法では幅が4m以上でなければ「道路」と認められません。

でも、、建築基準法ができる前からも道路はあるわけですから、幅が4m以下の道路もたくさん存在しますよね。

そんな幅が4m以下の道路は行政に指定されることで「道路」とみなす例外条例があります。

この道路のことを「二項道路」と呼びます。(建築基準法、第42条第2項で制定されているため)

 

~やっと本題の「セットバック」についての説明です~

 

そして、この二項道路に接する土地に建物を建てる時には建築制限があります。

それが「セットバック」。

 

セットバックには2種類あります。

 

1つ目は「道路の反対側が宅地」の場合。

道路の中心線から2mセットバック(後退)した場所からでないと建築できません。

 

 

2つ目。「道路の反対側が、崖・川・線路などの場合」

道路の端から4mセットバック(後退)した場所からでないと建築できません。

 

思わぬ建築制限がかかる心配があります!!

接している道路が何メートルあるのか、これは要チェックポイントですね!!

 

ついつい、車を持っていないと、面する道は狭くっても構わない。と思ってしまいがちですが、こんな建築制限があるんですね。。

土地購入時の注意点、他にもあります。

以前のブログも合わせてお読みください★

建ぺい率について ☜クリック

容積率について ☜クリック

 

おうちの相談窓口はお客様の理想の住まいの実現を応援しています★★

どうぞお気軽にご相談にいらしてください!

 

ネットでの来店予約はコチラから

お問い合わせフォーム

 

関連記事