工務店選びの豆知識

建築条件付き土地、建築条件なしの土地、どっちを選ぶ?

用語解説
建築条件付き土地

登録会社100社以上!中立公正な立場であなたの家づくりを徹底サポートするハウスメーカー選び.com byおうちの相談窓口です!

 

みなさん、家づくりは進んでいますか?

 

土地探しをしていると、必ずと言っていい程目にするのが、「建築条件付き土地」という文言。

この、建築条件付き、とは具体的にどのような条件がついているのでしょうか。

購入してから、「こんなに色々条件がついていたなんて!思い通りの家が建てられない」ということにならないように、しっかりと理解しておきましょう。

 

 

 

【建築条件付き土地】

 

●建物施工は、売り主もしくは売り主が指定するハウスメーカー・工務店

●建物の間取りについては予め参考プランが用意されているが、お客様の希望する間取りに変更することも可能

●建物請負契約は、土地の売買契約締結後、一定期間内(一般的には3ヶ月)に売り主もしくは売り主が指定するハウスメーカー・工務店と締結することになる。

万が一、一定期間内に建物請負契約を締結することができなかった場合は土地の売買契約は白紙となり、手付金等の支払った金銭は返却される。

 

建築条件付き土地、とは、建築する施工会社の指定がされている、というになります。

自分の建てたい理想の家が、指定されている施工会社が得意とする家かどうか、調べてから土地の購入を検討した方が良さそうです。

また、時期に関しても、基本的には3ヶ月以内に契約しなければいけませんので、土地を購入するとスピーディに動いていく覚悟も必要です。

また、この建築条件、外せないのか?という疑問も出てくると思います。

実は、絶対に外せないこともないのです。

売りに出て長い期間が経っている物件などにおいては、この条件を外せられる事があります。

しかしその場合、土地の坪単価を上乗せさせられる事が多いので、注意しておきましょう。

 

家づくりの相談から資金計画、住宅ローンのご相談、建築会社のご紹介まで、全て無料でお手伝いさせていただいておりますのでどんなことでもお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ・ご来店予約はコチラ

 

関連記事