工務店選びの豆知識

外壁のサイディングとは

用語解説
サイディング

 

こんにちはsmiley

おうちの相談窓口@イオンモール伊丹昆陽店ですsmiley

台風も通過し、今週は気持ちの良いお天気になりそうですね!

スポーツの秋・読書の秋・グルメの秋!

秋はいろいろな事を楽しむ絶好の季節です。

家づくりの秋という方も、たくさんいらっしゃるかと思いますyes

みなさん、心地よい季節に家づくりをすすめていきましょう!

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

9月の前半は千葉の大規模な停電のニュースでもちきりでしたね・・・。

その後も台風が通過したことにより、被害も収まるどころか、修復作業も難航しそうです。

 

そろそろ家の外壁の修理をしなければいけないな、と日頃から思っている方々はこういったニュースを見ると余計に不安に感じるのでは?と思います。

 

しかし、外壁補修などを頼むには、安心出来る会社に頼みたいindecision

悪徳業者には関わりたくないcrying

どこに頼んだらいいのかわからないindecision

そう思っている家に年数が過ぎ、不安なまま過ごしている・・・。

 

そんな悩みをお持ちの方も沢山いるのではないでしょうか?

 

そんな時には、「おうちの相談窓口」をご利用くださいwink

数ある登録工務店は、信頼できる会社ばかり。

その中から中立な立場でお客様の要望にあった施工会社をご紹介致します。

相談料も頂きませんので、どうぞ気軽にご相談ください!

 

関連記事もチェック

忘れがちだけど大切な「外構」のお話

 

本日は、そんな外壁の中で「サイディング」と言うワードを取り上げたいと思います。

 

外壁における「サイディング」とは、外壁素材の一種で、セメント質と繊維質を主な原料とした外装材で壁に貼って利用しているものです。

昨今の住宅では非常によく使われていることから、きっと目にしたことはあると思われます。

 

サイディングはサイディングボードともいわれ、板状になっており、建物の骨格に合わせてサイディングボードを貼り付けていきます。

そして、張り付けたサイディングボードをシーリング材でつないでいきます。

※シーリング材(建物の防水性や気密性を保持するために継ぎ目や隙間に用いる材料。これが劣化すると雨水が壁の中に入り、劣化を加速させる)

 

 

 

 

 

 

サイディング

 

(左がモルタル:右がサイディング)

 

外壁素材として先に出回ったものは、モルタルです。

 

ひと昔前はモルタルが主流でした。

 

モルタルはセメントと砂を水でねったものですが、モルタル壁は施工時間もかかり、費用もかかる上にヒビが入りやすいのです。

 

そして、現在主流となっているサイディングがどんどんと出回りました。

 

【モルタルとサイディングの比較】

 

メリットデメリット

 

 

 

サイディングの耐用年数は7~8年と言われています。

 

サイディングの基材は吸水性があり、防水機能は塗膜によって補っているため、塗膜の劣化を放置すると雨などの影響により建物の構造に大きな影響を与えることがあります。

そのため7〜8年を目安に塗装等の修繕が必要となってくるのです。

具体的に出てくる症状としては、

 

■シーリングの劣化

■サイディングボードの反り

■チョーキング(触ると白い粉がつく状態。これは防水効果が切れたサイン)

■ヒビ割れや剥がれ

 

これらの症状が出るタイミングは、住宅の陽当たりなど様々な条件が絡んできます。

放っておくと、建物の構造自体に影響が出て、安全に暮らす事ができなくなります。

症状が出てきた際はプロの目でしっかり診断してもらうことをお勧めしますsmiley

昨今の自然災害を見ると、住宅の安全性は何よりも大切だと感じます。

台風の季節になる度に不安な気持ちで過ごす・・・

そういった精神的ストレスをなくすためにも、早め、早めの対応をし、家族を災害から守ることが大切です。

 

 

関連記事もチェック

忘れがちだけど大切な「外構」のお話

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お家の相談窓口 イオンモール伊丹昆陽店

〒664-0027兵庫県伊丹市池尻4-1-1

イオンモール2階

TEL072-744-0490/フリーダイヤル0120-968-336

ネットでの来店予約は

お問い合わせフォームをクリック♪

ご連絡、お待ち致しております。

(担当:反町)

関連記事