工務店選びの豆知識

「坪単価」のカラクリ

用語解説
坪単価

登録住宅会社100以上!中立公正な立場であなたにピッタリの住宅会社をご紹介するハウスメーカー選び.com byおうちの相談窓口です!

 

 

____________________________

 

さて、本日は「坪単価」のお話。

坪単価という言葉を聞いたことはありますか?

土地購入の時にも坪単価という言葉が出てきますが、本日お話するのは家の建築費用の坪単価

1坪当たりいくらで家が建てられるか、という数字です。

 

「坪単価40万円!」と安いことをうたっている広告もありますし、大手ハウスメーカーでは坪単価が100万円になることもあります。

 

この坪単価の求め方は

「建物の本体価格」÷「建物の坪数」=坪単価

となりますね。

 

おおよその建築費用がわかって便利な坪単価ですが、、

この坪単価だけで、「安い」「高い」と判断するのは実は危険です!!!!

 

 その理由1つ目! 

「建物の本体価格」も「建物の坪数」もどちらも統一された基準がなく、各社バラバラ!!

 

建物の本体価格として、カーテンレールやカーテン、LED照明まで含まれている会社もあれば、そのままでは住めないような状態のものを本体価格としている会社もあります。

また、建物の坪数については、各階の床面積を足した「延べ床面積」でなく、ベランダや吹き抜けなどを含む「施工床面積」で割って、坪単価を安く見せている会社もあります。

このように、明確な決まりがないから、坪単価のみで比較するのは危険なのです。

 

 理由2つ目 

坪単価×坪数=本体価格という式は成り立たない。

 

本体価格÷坪数=坪単価であるなら、数学上は坪単価×坪数=本体価格になるはずですが、実際の家ではそうはいきません。

30坪の家で坪単価60万円(家の本体価格1800万円)の建築会社で、坪数15坪の家を建てたからと言って半額の900万円で家を建てることはできないのです。

理由は簡単です。家が小さくなったからと言って、工期が半分になるわけではないし、人件費も半分にはなりません。キッチンなどの設備も少し小さいものを選んだからと言って、半額にはなりませんよね。

これと同じく、30坪の倍の60坪の家を建てたからと言って倍の3600万円かかるかと言うとそうではありません。

もちろん外壁や基礎、屋根が増えるので高くはなりますが、キッチンなどの設備をすべて2つ用意するような2世帯住宅でなければ、倍にはなりません。

これを理解していただくと、小さな家を建てた方が坪単価が高くなり、大きな家を建てた方が坪単価的には安くなることがおわかりいただけるかと思います。

あくまでも、坪単価はその建築会社の目安としてとらえることが大切ですね。

 

 ではどうやって価格を比較する? 

本当に価格を比べたい時は、同じ土地、同じ要望でプランを作ってもらい、見積もりを出してもらうことが一番です。

その時も、見積もりの最終金額で比べるのではなく、内容をよく見て、同じ項目が入っているのか、各項目の費用差はどうかをチェックする必要があります。

外構費用が見積もりに含まれていないなんてことはざらにありますからねcrying

合計金額の安さに惑わされないでくださいね!!

追加費用で結局高くなる可能性があります。。

 

おうちの相談窓口では、コンペ形式で、数社に見積もりを出してもらうことができます。またその見積もりのチェックも一緒に行いますのでご安心ください。

家づくりはプロと一緒に!が新常識です。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ・ご来店予約はコチラから

 

お待ちしております♪

 

関連記事