工務店選びの豆知識

土地探し中の方必見!土地探しの基本知識まとめました◎

用語解説
土地探し

こんにちは^^おうちの相談窓口です!

暖冬と油断していたら、ここ最近ぐっと冷え込んできましたね。

インフルエンザもコロナウイルスも、、心配ですが気を引き締めて、なんとか元気に乗り切りたいものです。

 

さて、この寒い中も土地探しを頑張っておられる皆様へ。

土地探しの基本情報を過去ブログからまとめてみました◎

基本的な知識を持って土地を探すのと、何も知らないままに探すのと、大違い!!

必見です◎

 

その1

 

 「土地販売図面」の見方と「建ぺい率」 

 

 どんな大きさの家が建つかに直結する「容積率」

(クリックで過去記事に飛びます)

 

土地探しをしていると、「?」な専門用語がたくさん出てきます。

わからないまま進めると後悔につながることも。

特に、その土地にどんな大きさの家が建てられるか?に直結する「建ぺい率」や「容積率」は必ず理解しておかなければなりません。

 

その2

 

 よく出てくる言葉「建築条件付き土地」の注意点 

 

立地の良い土地だ!と思うとだいたい出てくる言葉がこの「建築条件付き」という言葉。

「土地を購入すると同時に、建築会社も決定する。」という土地です。

メリットとデメリットを理解しておくことが大切です。

 

その3

 

 自分の土地なのに!「セットバック」で面積が減る⁉ 

 

つづいて、こちらもよく出てくる言葉、「セットバック」についてです。

自分が購入した土地なのに…使えない部分があるなんて不思議ですよね。。

 

その4

 

 住居が建てられない土地がある⁉「都市計画区域」「市街化調整区域」 

 

土地を購入すればどこにでも家が建てられるわけではありません。

家を建てられない地域もあるのです。

 

その5

 

 制限がある「準防火地域」 

 

家が建てられても、外壁や窓などに制限のある地域もあります。

これは事前に知っておかないと、こんな家にしたい!をあきらめなければならなくなる可能も!

よく理解しておきましょう◎

 

 

以上!過去ブログの中から「土地探し」に関するものをまとめてみました✍

少し用語を知っているだけで、ぐっと土地探しがしやすくなるはずですwinkyes

おうちの相談窓口では実際に店頭にて、一緒に土地情報を見たり、「この土地どう思いますか?」というご相談も受け付けております。

ぜひお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ・ご来店予約はコチラから

 

お待ちしております♩

 

 

(担当:為広)

 

 

関連記事