工務店選びの豆知識

3階建てのメリットとデメリット

業界情報
3階建てのメリットとデメリット

こんにちは^^おうちの相談窓口です!

朝晩はすっかり涼しくなってきましたね。

まだまだ昼間は暑いですが・・・今日も30度の予報で驚きですcrying

さて、今日は3階建てのお家について。

2階建てに比べて、まだまだ少数派の3階建て。

どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

3階建てのメリット

●土地を有効活用できる

●明るく眺望のいい家になる

●住居+@の空間を作ることもできる

 

では、順番に見ていきましょう。

まずは1つめ「土地を有効活用できる」

これは3階建ての1番大きなメリットです。

駅近のエリアなど、希望するエリアの土地が高い場合、土地の坪数を小さくして、3階建てにするというのはとても有効な手段です。

2階建てだと1LDKにしかできないような広さの土地でも3階建てにすれば3LDK、4LDKにすることも可能です。

また、駐車スペースが確保できない広さの土地の場合にも、3階建ては有効です。

1階にビルトインガレージを作り、2階3階を居住空間にするという方法です。

都市部では駐車場を別で借りれば月々数万円する場所もありますから敷地内に車が置けるメリットは大きいですよね。

 

 

2つ目のメリットは明るく眺望のいい家になるということ

住宅密集地でも3階建てにすることで、視界が開けます。

3階建てにする場合、2階リビングを採用される方も多いようです。1階をリビングにした場合よりも日が入りやすく、明るい空間になることが期待できますね。

ただ、3階建てにすると1階部分の奥まった部屋は光が入らないことも。。この部分は光が入らないことをよく理解して、水回りスペースにしたり、寝るだけの寝室にするなど割り切った使い方が必要になりそうです。

 

2階リビングについての過去ブログはコチラ

→三井ホームの2階リビングの家

 

3つ目のメリットは住居+@の空間が作れるということ。

3階建てにすることで、1階を店舗や事務所として利用される方も多くいらっしゃいます。

おうちの相談窓口にも美容室を経営されるご夫婦がご相談に来てくださいました。

また、1階を貸店舗にして収入を得るということも考えられるかも。。

 

 

つづいてデメリットを見ていきましょう。

 

3階建てのデメリット

●階段の上り下りが大変

●建築費用が2階建てより高い

●同じ面積なら2階建てより狭く感じことも

 

 

デメリット1つ目は階段の上り下りの大変さ。

3階建ての最大のデメリットはやはりこれですね。

日常的に1階から3階までのぼることになるので、若いうちはいいですが年を重ねた時のことを考えると少し不安もありますね。

また、お子さんが小さいうちも大変かもしれません。

(ベビーゲートがいっぱいいるかも…)

 

特に家事動線で1階から3階に上がらないといけない動線があるのは注意です! 1階の洗濯機から洗濯物を持って3階のバルコニーまで行かなければならない・・というのはなかなかの力仕事になってしまいます💦

 

水漏れをした時の被害を最小限に抑えるためにも水回りは1階に持ってくることが多いので、洗濯物を干すスペースを1階に作ることができればいいですね。乾燥機を設置した室内干しスペースがあると天候も気にせず干せるので共働き夫婦にも人気です◎

どうしても1階に洗濯物を干すスペースを作るのが難しい場合は、出来るだけ動線が短くなるように、階段からすぐの場所に洗濯機とバルコニーを配置するように工夫してみましょう。

 

また、スペースとお金に余裕があれば、ホームエレベーターを設置するという選択も考えられます。

最初はいらないけど30年後に設置したい。という場合も設計の段階で伝えておくことでエレベーターを設置する予定の場所を収納などにして確保しておくことができます◎

しんどくなったときはエレベーターが設置できるという安心は嬉しいですね♪

 

2つ目は費用問題

2階建てを建てるよりも小さな土地(=安くで手に入れられる)で建てられる3階建てですが、建築費用は2階建てよりも高くなります

また、3階建てならではの出費もあります。

3階建ての建物には構造計算が義務付けられています。その申請費用や計算費用が追加でかかってきます。

(構造計算がきちんとされているという安心感はありますね。)

また、地盤調査も2階建てを建てる場合よりも基準が厳しくなります。地盤改良工事に100万円前後の費用がかかる可能性があることも頭に入れておきましょう。

ただ、地盤改良については、土地購入後にわかることが多く、2階建てでも多額の費用が掛かることもあれば、3階建てでも工事の必要がないこともあり、運次第という部分が大きいです。

 

3つ目は3階建ては狭く感じるかもしれない問題。

延べ床面積が同じ2階建てと3階建てがあったとしたら、部屋を見渡した時の広さとしては2階建ての方が広く感じます。

(こればっかりは間取り次第なところがありますが)

同じ床面積でも2分割と3分割では2分割のほうが大きいですもんね。

3階建てを建てたいと思っている方にはぜひ一度、3階建てのお家を見学に行ってみることをおすすめします。

 

以上3階建てのメリットとデメリットについて書きました!

参考にしていただければ幸いです。

 

また、3階建ての場合、階段にこだわったり、スキップフロアを取り入れることで、もっともっと楽しい家にすることができますよ◎

螺旋階段にして3階から1階まで光を落としたり…

スキップフロアにすることでネックだった階段の上り下りの大変さを解消することもできます。

土地が狭いから3階建てにする…という出発点だったとしても、3階建てにしてよかった!楽しい家になった!と満足できれば最高ですねlaughyes

おうちの相談窓口では、狭小3階建てに強い工務店やスキップフロアに強い工務店の登録があります◎

 

おうちの相談窓口は皆様の理想の住まいの実現を応援しています!

ご相談はお気軽に♪

プロと一緒に後悔のない家づくりをしましょう。

お待ちしております!

 

お問い合わせ・ご来店予約はコチラから

 

(担当:為広)

関連記事